地震に強い!エレベーターメンテナスで安心

地震に備える!エレベーターメンテナンスで安全をサポート

エレベーターと地震の関係

ビルやマンションの中に居る時に地震が起きた場合、いち早く安全な場所へ逃げたい気持ちがあって、エレベーターに駆け込みたいはずですが絶対に乗らないでください。乗った時に、急な停止で閉じ込められる可能性もあります。非常階段を必ず使って降りてください。非常階段は、避難経路になります。日頃から、非常階段の使用方法を再確認しましょう。

閉じ込められた時のNG行動

もし、万が一エレベーターに閉じ込められた場合は前もって確認をしましょう。
①無理やり扉を開けるのはやめましょう。階と階の中間にいて、扉が開いた場合、危険です。
②天井を開けて逃げるのはやめましょう。動き出した場合は、外へ落下する恐れがあります。

地震に強い!エレベーターメンテナスで安心

作業員

地震時管制運転装置とは

平成21年度に、エレベーターには地震時管制運転装置が義務化されました。21年以降に作られたエレベーターは、この装置が導入されています。もし、地震が発生した時は、地震を感知しエレベーターは近くの駅まで進みます。その後に扉が開くようになっています。

もし、地震が起きた時にするべきこと

地震時管制運転装置が導入されたエレベーターに乗ってる時に、地震が起きたら、押している階の予約ボタンは全部キャンセルされて、最寄りの階で停止することになっています。しかし、揺れを感じたら、全部のボタンを押すようにしてください。扉が開いたらすぐに出てるようにしてください。

閉じ込められた場合

もし閉じ込められた場合は、フロアボタンの近くにある非常インターホンでを押して、救助を申請してください。地震以外の停電の時も、押してください。持っている携帯で、外にいる人に連絡する手段もありますが、位置情報を伝えることは時間がかかる場合があります。非常用インターホンですと、管理室にはどのビルのエレベーターから連絡か分かるようなシステムになっています。

広告募集中